投稿日:

ビットコインでデイトレ!コインチェックで指値取引

ビットコインのデイトレをコインチェックでやった人から聞いた話です。
ビットコインというのはスプレッドの開きが広いため、成行取引をやってしまうと、新規と決済の往復でかなりの手数料になってしまうということ。
これはビットコインだけではなく、他の取引所でも同じようなことが言えます。

そもそも成行注文とは何なのかと言うと、売り注文のレートで購入する、または、買い注文のレートに売りをぶつけることを言います。
一番不利な金額で購入することになるので、レート的にも損をしやすくスプレッド分も割高になります。
デイトレということになると、1回あたりの取引手数料が高いハードルになってしまうので、できるだけ指値でポジションを立てるよう心がけた方がいいでしょう。

指値で注文が約定すると、落ちてきたものを拾う、上がってきたものを売るということになりますので、有利なレートでビットコインを取引することができ、その分がスプレッドコストを消化してくれます。
飛びつき買いをすると大概はやられてしまいます。
どちらかと言うと罠(指値注文)を仕掛けて待ち構える姿勢が、勝つためには大事なことだといえるのかもしれません。

さて、そういうことを踏まえてビットコインを実際に取引してみましょう。
ビットコインを取引するのにおすすめなのはやはり大手業者です。
大手の業者は、いざという時の補償もしっかりしており、何かあった時の対応も早いです。
日本で言う大手の業者は、GMOコイン、ザイフ、bitFlyer、コインチェックなどです。
他にはDMMも仮想通貨事業に参入してきました。
大手がたくさん参入することで、私たちの選択肢が増えます。

そこで見るべきポイントは、デイトレーダーとしてはやはり手数料でしょう。
法定通貨FXと同じように、スプレッドコストが今後の競争ポイントになるかと思います。
デイトレーダーにとっては、出来る限りスプレッドが狭い方が勝ちやすいので、そういうところにユーザーが集中します。

あとは、まだまだ充実していない取引アプリです。
分析ツールがもう少し充実すると、デイトレーダーとしてはやりやすくなるでしょう。
スマホアプリも重要です。
ビットコインはどちらかと言うとパソコンの前で取引するより、スマホで売買する人の方が多いのではないでしょうか?

スマホの方がやりやすいというわけではないのですが、FXと比べてスマホ層が多いのは、客層の違いなのかもしれません。
ただ本気で資金を投じて利益をあげようというのであれば、パソコンとマルチモニターくらいは揃えておいた方がいいです。
チャートを見て視覚的に掴める兆候というものがありますので、それを大きな画面で逃がさないようにするのです。
慣れるといち早く、シグナルに気づくことができるようになります。
ビットコインは特に値動きがアクティブなので、勝てるトレーダーにとっては美味しい環境だと言えるでしょう。